子供の習い事に関する情報サイト 子供のボイストレーニングの意味と効果とは

子供の習い事としておすすめ?ボイストレーニングとは

子供の習い事してのボイストレーニング

より美しい声で音楽を楽しむ

小学校の音楽の授業でも歌の前にボイストレーニングを取り入れているところがあります。
正しい発声の基本を身につけることで、より美しい声を長時間出すことができるようになります。
小さなころから美しい声や大きな声を出せるようになると歌うことが楽しくなりますし、その方法を学んでおくと生涯の財産ともなります。

また将来お子さんに演劇や音楽の世界で活躍してほしいと願っているご家庭では、子供と言っても発声は重要となってきますのでしっかり身につけてあげたいですね。
子供は練習ばかりでは飽きてしまうので、早口言葉のようにゲーム感覚で練習したり、自分がするべき発声練習を目で見ながら確認できるようなプリントを配ったりして飽きることなく続ける工夫をしているところもあります。

音楽以外での効果

ボイストレーニングを繰り返し、正しい発声ができるようになることは、ただ歌が上手くなるだけではありません。

もともと声が小さい子供は、コミュニケーションが苦手な事が多いようです。
話しても聞こえないためか無視をされているように思えてしまったり、無理に大きな声を出そうとすると叫び声のようになってしまったりと辛い思いをしている子が多くいます。
必要な場面で大きな声や通る声が出せるようになると、相手に自分の意見が伝わりやすくなり人間関係も良い方向へ変わっていきます。
声は相手との関係に大きな影響を与えるのです。

ですがただやみくもに大きな声を出しても意味がありません。
それどころか、無理な発声を続けていると「小児結節」という声帯ポリープの孫のようなタコを声帯に作ってしまう危険があります。
正しい指導のできる指導者の下で、正しいトレーニングを受けたいものですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る